フローリングリフォーム

床のリフォームで一番人気はフローリングになります。フローリングには遮音材や無垢材など様々な種類があり、カラーも豊富に選べるところが魅力ですね。

フローリングリフォームについて

フローリングのリフォームは、まずカーペットやクッションフロア、畳など今の床を剥がして撤去します。下地は新しいフローリングを張るためにある程度補修を加えます。下地に凹凸があると、ゆがみやたわみ、音鳴りなどの原因になりますので、しっかりとした調査が必要です。

フローリングのリフォーム工事について

傷やへこみが目立つようになったら張替えを考える時期かもしれません。ワックスなどでコーティングしたり掃除などのお手入れをすることで小さな傷はある程度防げますが、やはり使っているうちに傷やへこみがつくものです。

お部屋のリフォームなどの補修工事を施工することがあればぜひ床材の張替えは行いたいものです。マンションなどでの張替えのご要望も多いですが、マンションによりましては規定によって防音用のフローリングが指定されている場合もありますので、前もって管理組合に確認しておくことが必要です。

f1
フローリングリフォーム前
f2
フローリングリフォーム後

フローリング材の選び方について

お部屋によってフローリングに求められる性能が異なります。お部屋ごとの役割やこだわりを考えて、最適なフローリングをお選びください。マンションでは階下に対する音の配慮が重要なので遮音性能を備えたフローリングを選びましょう。

フローリングリフォーム工事例

金額 約6万円
工期 1日
マンションの洋室6帖をじゅうたんからフローリングに交換いたしました。
じゅうたんを剥がして、直張りできる床下地でしたので、そのままフローリングを生え居ました。マンションですと通常は、遮音のフローリングを貼るのですが、このお客様のところは、下地がすでに遮音性能をしているので、そのまま直張りのフローリングを貼りました。遮音タイプですと金額がプラス3~6万くらいかかります。

f4
フローリングリフォーム前
f5
下地調整
f6
フローリングリフォーム施工中
f7
フローリングリフォーム後

コメントは受け付けていません。